--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.27

そういえば、イギリスに行ってたんだった。




飼い主の日記。



そういえば、3月にイギリスに行ってました。
あの震災のときも、私、イギリスにいました。


遊びじゃないですよ、仕事です。


IMG_8140.jpg
早朝のロンドン、オックスフォードストリート。





おめー、イギリスのどこで遊んできたんだ!!って??





だから、遊んではいません。撮影していたのです。



そう、例の、有名な、石です。




IMG_5805.jpg
日の出待ちです。クソ寒いです。



IMG_6420.jpg
だんだん陽が昇ってきました。



IMG_2530.jpg
爽やかでクソ寒い朝!



IMG_8863.jpg
じゃんじゃじゃーん!



IMG_7294_20110720180326.jpg
これがストーンヘンジの内側!



ここで、これからストーンヘンジに行く人にプチ情報!
ストーンヘンジって本当はココまで近づけないのです。
まわりにロープが張られていて、
ビミョーに遠いところからしか見れないという・・・。
我々は特別に許可をとって入らせてもらったのですが、
もうひとつ、中へ入れる方法が!
それは、ストーンヘンジ早朝ツアーへ参加すること!
日本でもありました。
http://www.alan1.net/jp/europe/england/sg/2894/ag/15573/
英語ができる人は現地でとった方がよさそうですけど。
でもルールがひとつだけあります。

絶対、石に触れてはいけない。

なんだかぞくっとしますねぇ。
神秘的ですねぇ。



触っちゃダメっていわれてるのに、
誰かがサインしてますねぇ。

IMG_6584_20110720180258.jpg

1865年・・・!?


ミステリアスですねぇ。
ゾクゾクじますねぇ。



ゾクゾクするといえば、
当日はこんな感じで霜がおりていましたねぇ。

IMG_6982.jpg

そんな中、
テロテロのドレスで演じた出演者はすさまじいガッツですねぇ。



ちなみに昼からはポカポカ陽気に。
ちょっと汗ばむくらい。
気温差が激しい。






IMG_7509.jpg

撮影終了。
素晴らしい夕焼けが見送ってくれました。





おまけ写真:スタジオのグリーンバック
今までグリーンバックって布しか見たことなかったから、
スタジオの壁自体をグリーンに塗っててビビった。
さすが海の向こうはスケールがでかいぜ!
IMG_5929.jpg



そういえば、
あんまり自分の仕事を記事にしたことなかったなぁ・・・。
ここで撮影したTVCMは、日本ではCSでしか見られないのです。
が・・・。

ちなみにPanasonicの特設サイトから見れまーす。

リンクが見つけられない方はこちらからもいけまーす

あと、世界各国でも運が良ければ見れまーす。
だってすんごい言語タイプつくったんだもの・・・。
CMは全部で10タイプありますが、
そのうちの5タイプは下の方のリンクからなら全部公開されてまーす。








え、こんなグローバルなCMつくってあんた英語できたんだ!ですって!?!?










できませーん。










人気ブログランキング






打ち消し文
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://itachisamanikki.blog106.fc2.com/tb.php/1045-af3ecd4c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
フェレット好きでフェレットの
ブログを見て歩かせていただいているものです。

奇しくもこの夏にストーンヘンジを
観光で訪れることになっています。

古代の遺産を見る感動を楽しみにしていたのですが
貴ブログを拝見して、「絶対」触ってはいけないという
ルールが有るのを見て驚きました。

ほんのすこし「さすりさすり」して
感動を味わいたかったのですが。

本当に「絶対」触ってはいけないのでしょうか?

触ったら、もう周りの人に白眼視でしょうか?
下手すれば袋叩きでしょうか?

袋叩きぐらいだったら喜んで触ろうと思います。
いかがでしょうか?
Posted by フェレットと卵 at 2011.07.27 22:55 | 編集
フェレットと卵さん!
はじめまして。
わたしは現地のスタッフに「絶対さわるな」と言われました。
これは最近のことみたいですよ。

2005年に旅行にいったこの人↓の日記だと触っています。
http://passatempo.fc2web.com/travels/london06.html
2011年のこの記事だともう「触ってはいけない」
http://hosigo.com/kiji/writer-tsukasa/british05.html

ちなみに、
ストーンヘンジに触れるくらいまで近づけるのは朝のツアーのみで、
それでも周りに警備員が立っていて、
触っている観光客は一人もいませんでした。

日中に訪れるならストーンヘンジから10~20m離れたところからしか
見ることができません。

とはいえ、まあ、警備員もマッチョでコワかったし、
袋だたきになってしかも罰金払わされたりしたら癪なので、
積極的にガマンされた方が良いかと思われます・・・。
Posted by cawai at 2011.07.27 23:26 | 編集
追記ですが、

さっきwiki見ていたら
ストーンヘンジは国家遺産だとか法的に守られてるとか書いてあったので、
やっぱりやめといたほうがよさそうですね~。

観光客として海外に行くと、日本人の代表としてみられがちだから、
マナーとルールを守らない日本って思われたらそれはそれで癪ですもんね~。

柵超えて奈良の大仏ベタベタ触りだす外人がおったら腹立ちますもんね(笑)
Posted by cawai at 2011.07.27 23:42 | 編集
皿武来斗満に会ったんですか!?
それだけでも鳥肌もんです。
CS見てる時にこの映像が出てきたら、「ストーンヘンジ触るべからず!」と思い出すようにします(笑)
ストーンヘンジ、いつか見に行きたいもんです。
あとモアイと。
Posted by @優香 at 2011.07.28 01:06 | 編集
@優香さん!
皿武来斗満!に会いましたよ!
すんげーキュートな人でした。
モアイはわたしも見に行きたいですねぇ。
あれも触っちゃいけないんでしょうか・・・(苦笑)
Posted by cawai at 2011.07.28 01:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。